~レントゲン週間とは~

 1895年(明治28年)11月8日、ドイツの物理学者W.C.レントゲン(1845~1923年)がX線(X-ray)を発見したことにちなんで制定された。レントゲン博士はこの功績により、1901年(明治34年)に第1回ノーベル物理学賞を受賞した。

 レントゲン博士によるX線の発見は、診療放射線技師にとっては単に歴史的な重要性を持つばかりではなく、職業の起源となる記念すべき日である。このX線に代表される放射線は医学や科学の発展に多大な貢献をもたらし、特に医療分野においては放射線の利用なくしては医療が成り立たないといっても過言ではない。

 この期間には、医療における放射線の正しい知識を伝え、放射線の専門家である診療放射線技師の仕事について知ってもらうために全国各地でさまざまなイベントが開催されています。

 滋賀県放射線技師会でも、例年健康フェスティバルなどに参加し骨密度測定や被ばく相談などを行っていましたが、今年度も新型コロナウイルスの影響で対面活動は難しいとの判断でホームページ上でのポスター展示にて我々診療放射線技師の仕事内容を知っていただければと思います。

ポスター